本格的に梅雨らしいここ数日。鬱陶しい気分で日々の忙しさに追われている。楽しみにしていたウズベキスタン旅行も終わっちゃったし、人の旅計画の話を羨ましく聞いたり、先日のワークショップの写真を整理したり…今年の後半の心の準備がまだまだできていないって感じだ。しかし、心の準備はできていなくても新しい計画はスタートしている。ワークショップ「色彩と墨にたわむる…」のチラシの表裏でお伝えした「庭園絵てがみ巡り」という企画だ。なんだか素敵な眺めの良いところで、ゆったり絵を描くなんて贅沢で豊かな気分になるよね〜…そんな時間持ちたいよね〜…。どうやったらできるかな〜? 実行してみようよ! と名園の眺めの良い和室をお借りして季節の一筆を。
今回は特に夏支度と題して団扇に描いてみようと。出来過ぎにもそこの名は「涼亭」、江東区・清澄庭園内の東京都選定歴史的建造物だ。なかなか足を踏み入れる機会の無い所だ。清澄庭園も都会にありながら名前は聞いたことあるけど行ったことないな〜と言う人も多い。名石の庭と呼ばれる明治の代表的な「回遊式林泉庭園」で、昭和54年に東京都の名勝に指定されています。まだ梅雨のさなか、雨の庭かもしれません…それも風情があるかも…。ちょっと贅沢な時間、「涼」を迎えに行きませんか? 参加者募集中です。
・7月12日(金)11時〜15時
(受付10:30〜昼食休憩1時間を含みます。お弁当付き)
・清澄庭園内「涼亭」にて、団扇に水彩画を描きましょう
詳しくはWhat's newをご覧ください。
お申し込みはアトリエNESTか、この私のホームページの「お問い合わせ」からお申し込みください、追ってこちらからご連絡いたします。

 

 
 
 

春先から温めてきたワークショップ「色彩と墨にたわむる…文京区肥後細川庭園・松聲閣」が、日曜日に無事盛況のうちに終えた。梅雨入り前の緑豊かな庭園を臨みながら、今回はちょっとエキゾティックにテーマカラーを「青と緑のあいだ…」と決めた。
実はなかなか日常に溢れた色ではなく、目立つけど取り入れにくい色と言えるだろう。イスラム建築のタイルによく見られるそれらの色は、日本人には正直、あまり馴染みのない色なのかもしれない。だって、一番近いのが「ブルーシートの青」って感じよ。いわゆるターコイズブルーとかピーコックグリーンとかエメラルドグリーンとか昔は岩絵の具の原料の鉱石としての色…であったが、その憧れは科学的な化合物やコバルトなど化学(ばけがく)的な変化によって作り出された自然界になかなか無いものだったのだ。日本では「新橋色」として知られている。大正時代に化学染料で表現できるようになった色として新しもの好きな花柳界、とりわけ新橋の芸者衆の着物の色として大流行した。思い描いてみて! ターコイズブルーのようなあいまいだけど個性を自己主張したような鮮やかなブルーと、黒と白の縦縞の大胆な着物を。そのハイカライメージは現代の人工的なハイテクノロジーなイメージと相まって、ハイテクな企業や商品のロゴマークによく使われている。
そんな趣旨を組んで今回も御贔屓な花屋さん「こぶしの木」さんは人工着色したターコイズブルーのバラをメインにデルフィニュームなどを用意してくれた。スタッフの庭からたくさん切ってきたローズマリーの良い香りが室内に漂い、シルクロードをイメージして和紙の帯に砂漠とらくだを描いた。ウズベキスタンや以前訪れたモロッコで写した風景や建物の写真を旅の便り風に散りばめ、大量に撮影してきた「青いタイル」をパネルに貼り、本物のタイルのように演出。およそ和室に似合うとは思えない、しつらえであった。お菓子までスタッフの友人「ウアムリア」さんがエキゾティックなものを特別に用意してくれた。濃いめの紅茶とよくあった甘くてスパイシーな珍しいお菓子。ますます「豊かな時間」として皆さんにも喜んでもらえた。
参加者は最初は戸惑いながらも最終的には自分の世界の中の「青と緑のあいだ…」をそれぞれの作品に表現されていて、毎度ながらびっくり! 今回は小学5年生の女の子の一人参加もアリ、とても嬉しかった。参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
そのしつらえの様子やワークショップの様子の写真をWhat's newにアップいたしましたので、お楽しみください。

 

 
 
 

今、「ディル」にはまっている。ウズベキスタンで食べた料理に頻繁に入っていて、再現しようと思ったらこのハーブが欠かせないと思ったのだ。ちょっと小洒落たスーパーで見かけることはあったけど、自分で買って料理に使ったことは無かった。少し癖はあるけどツナや鶏ささみなどとの相性も良いと思えて、ウズベキスタンのブハラで食べたきゅうりのサラダを再現して連日食べている。
やや大ぶりに乱切りしたキュウリをざっくり塩もみして水けをきる。ツナ缶か茹でた鶏ささみをほぐす。直径5〜6ミリの青ネギを4センチくらいにぶつ切りしてそれらと混ぜる。味付けはちょっと塩コショウとゴマのドレッシング。それとねぎに合うと思ってアレンジ、練わさびを少し加える。最後に適当にちぎったディルを加えて出来上がり! そうそう、ウズベキスタンではそこに青い干し葡萄が入っていたけどそれは無かったので、今安い皮ごと食べられるオーストラリアの生のブドウがあるので、それもパラパラとくわえて出来上がり!キュウリも生の青ネギもバクバク食べられて、夏向きのサラダメニューだと思うのよね。お試しあれ。
さて、2日・日曜日は約1年ぶりの文京区肥後細川庭園・松聲閣でのワークショップ「色彩と墨にたわむる…」の開催である。おかげさまで満員御礼。今回のテーマカラーは「青と緑のあいだ…」ウズベキスタンで浴びてきたターコイズブルーなどの異国情緒ある色を一緒に楽しみたいと思っています。次回はその報告を。

 

 
 
 

最終日はバスでヒヴァを含む、ホレズム州の州都ウルゲンチへ。そこから国内線で首都タシケントへ。タシケントは広々とした道路に大きなビルが立ち並び、地下鉄もあるという。およそシルクロードの印象からかけ離れた近代都市だ。街路樹もとても手入れされ公園都市のように美しい! その美しい町の中でも格別に美しいナヴォイ・オペラ・バレエ劇場の前でバスは止まった。ここは私たち日本人と縁の深い所なのだ。
1947年に完成した1500人規模のオペラ劇場。今回特別に中も見学させてもらい、私たちのためにミニコンサートが開催された。内装も素晴らしく甘いバニラ色の内外装は今まで見てきた建築物とまるでタイプの違うものだった。昔、第2次世界大戦後シベリアからここウズベキスタンに強制的に移送され、働かされた日本兵がたくさんいた。厳しい環境の中、この劇場の建築にも多くの捕虜が駆り出され少ない食料を分け合って働いていた。でも地元ウズベク人も驚くほど、強制労働なのに日本兵はまじめに手を抜くことなく一生懸命働いた。その姿に感動して、見張りのソビエト将校の目を盗んで地元民が食料を差し入れしたりしていたそうだ。そんな立派な仕事の証として、タシケントを直下型大地震が襲ったときも、周りの建物はすべて崩壊したのに、この劇場だけびくともしないで残った。そこは震災の避難所となり、日本人の「いい仕事」はみんなに感謝され語り継がれた。この劇場の側面に大理石のプレートが英語と日本語とウズベク語で多くの日本国民が劇場の建築に参加し、完成に貢献したと記されている。独立当時の大統領が日本兵に敬意を表し強制労働とか捕虜とか、日本とウズベキスタンが戦争したわけではないのだから決してそんな言葉を使うな!と。町で出会う人々が日本人だと言うと、とても友好的に挨拶を交わしてくれて、一緒に写真を撮りたがる…その謎の回答がここにあるのかもしれない。
日本に帰国できなかった日本兵の墓地がある。私たちは最後にタシケントの日本人墓地にお参りした。ツアー参加者のみんなの目に光るものがあった。こんな遠いところに…帰れなかったんだね〜この人たちのおかげで今の平和があるのよね…こんな旅行者も笑顔で迎えてくれるのは、この人たちのおかげなのかもしれないね…。日本人墓地は当時から交流があったウズベク人の子孫が今もきれいに整備して墓守りをしてくれている。そこには日本から土ごと送られた桜の木が。葉桜が気持ちの良い木陰を作っていた。
初めてのウズベキスタン、とても良い旅でした。

さて、6月2日の肥後細川庭園「松聲閣」でのワークショップはこれらの旅で得た青と緑の間の色のインスピレーションをお伝えしながら墨と一緒にたわむれてみよう〜というテーマです。おかげさまで残席わずか、ぜひ参加してみたいという方がいらっしゃいましたらお急ぎください。詳しくはWhat's newをご覧ください。

 

 
 
 

朝の静けさとは打って変わって、日曜日の昼間、内城・イチャン・カラは世界中の観光客や地元の家族連れなどで大変賑わっていた。そこには20のモスクや20のメドレセ(神学校)6基のミナレット(光塔)など見るべきもののほとんどが集結している。
特に印象的なのは未完成の大ミナレット「カルタ・ミノル」直径14メートルくらいある塔の基礎部。さぞかし大きな塔になるはずっだったであろう、カルタ・ミナル(ちなみに、カルタとは短いという意味)1850年に着工して1855年に中断されたまま未完成だという。タイルがストライプのリング状に重なり、その色合いが何とも美しい。緑と青の間…サマルカンドのブルーに対して私にはやや緑寄りな色に思えて勝手にヒヴァ・グリーンと名付けた。
そして所狭しとお土産物屋のテントや屋台が並ぶ。おばあちゃんの手編みの靴下、スザニ刺繍のテーブルクロス、コーランを読むための木製ブックスタンド…素朴な手作りの品々が並ぶ。観光用のラクダがいたり、王様のコスプレをしたイケメンモデルさんが一緒に写真を撮ってくれたり…(私は撮影料5000スムをどうしようかな〜と思ってるうちに、希望者が多くて時間切れ! よく考えたら5000スムって日本円にしたら70円くらい! イケメン王様に70円をケチるな!^^;自分にダメ出しをしました。)
タイムスリップしたような、古都ヒヴァでの滞在もとても楽しいものでした。

 

 
 
 

ヒヴァの町は2重の城壁に囲まれている。私たちの泊まるホテルは外側の城壁を入ったところにあり、この地域最大規模の高級ホテルということだったが、2階建てのペンションのようなスケールで、お風呂のお湯にも茶色い土が混ざっていた。まだまだインフラは遅れているようだ。そのホテルの目の前に内城の城壁が迫っており、その内側がイチャン・カラと呼ばれ、1969年に博物館都市に指定され、1990年にユネスコの世界文化遺産に登録された。早くその内城に足を踏み入れたいな〜とワクワクしながら床に就いた。
早朝のモーニングコール! そうだ! このツアーの洒落たイベント。内城の高台に特別入場してヒヴァの日の出を見る! まだ真っ暗な世界遺産の古い町を歩く…少ない街灯にぼんやりと映し出されるその町は茶色い土の箱のようなものが並ぶ世界で、なんだか別の惑星を歩いているようだ…。城壁の門を見張る台に上る予定だったがそれは前日変更されたようで、そのすぐ近くのカフェの3階屋上テラスを解放して、そこで夜明けを待った。日の出は6時10分の予定。朝は冷え込んでいるが、ワクワクする気持ちの方が勝ってあまり寒さは感じない。しかし…なんだか雲が多い…いやな予感…。ちょっと重い空気を察してか、寒さを紛らわせるためか、長老が(今回のツアー最高齢89歳の元気なご婦人)炭坑節を踊り始めた。踊り方のコツを伝授したり、月が〜出た出た〜月があ〜出た!…って場は一気に笑いの渦に。「月じゃあないでしょ〜〜?!」と誰もが突っ込みを入れたその時、赤い太陽が暗いモスクや門のシルエットの向こうに頭を出した! さすが! 神がかってる〜!
ヒヴァの夜明けの記憶は炭坑節とともに…。

 

 
 
 

4月27日、次の目的地ヒヴァに向かう。今度は新幹線ではない空調弱めの特急列車のファーストクラスで、まったりゆったり6時間くらいの長旅だ。それぞれ乗客はおしゃべりに興じたり、日本から持参したおやつを食べたり、爆睡したり…外は延々と続くキジルクム砂漠…ラクダ草と呼ばれるブッシュが乾いた大地にへばり付いている。植林の名残りは見えるが立ち枯れている。ずっとずっと枯れた土地が続いている。時々ヤギや牛が、どこから来たのやら…。はるか向こうにトラックが一台走り去る…そんなちょっと退屈な景色を見ながら、私は時々カメラの中の写真を覗き込み、今まで訪れた所をスケッチをしたり。何にもない車窓の大半を占める青空を描いたりして退屈をしのいでいた。
移動も終盤「もうすぐ、アムダリア川です! みなさん! カメラの用意を!」その声に久しぶりに車内が活気づいた。カメラを構えて窓にへばり付いてみた。列車もスピードを落として期待が膨らむ。???え? 特別大きくもなく、きれいなわけでもないアムダリア川の横断はあっという間に終わった。「え? これ? この泥の河? なんか全然普通じゃん〜利根川か〜? 写真撮るほどでも…」思わず正直な感想が。あ! しまった! バカバカバカ! ウズベク人の通訳兼ガイドのドニさんの顔がちょっと悲しそうに曇った。おそらくこの列車旅のハイライトがこのアムダリア川、現にずっと小さな川さえ見ることなく砂漠が続いていたのだ。それに古に思いをはせれば、シルクロードを延々に歩いてきたラクダやロバのキャラバンはこの川の水にどれほど助けられて、ここを越えて行く隊商は次のオアシスを目指してどんな気持ちで旅立ったのか…。少し考えれば分かることだよね〜大事な川だよね…。反省…。
鉄橋を越えると景色はぐっと緑を増した。家々も増えて来た。目的地ヒヴァも近い。

 

 
 
 

シルクロードの面影が色濃く残ると言われる、ブハラの旧市街は2500年もの歴史を秘めたユニークなイスラム建築の宝庫である。モスクやメドレセ(神学校)、シンボル的なミナレット(光塔)、古代ブハラの発祥の地には7世紀女王フッタ・ハウトンがアラブと戦い、13世紀のモンゴルの襲来時に町人たちが立てこもったと言われる「アルク城」など。建物の、特にディデール好きの私には興奮の連続!
しかし、ブハラで語らなくてはならないのは「ハウズ(池)」だった。乾燥した大地、ウズベキスタンの中においてオアシスとして、多くの池があった水の都だったそうだ。池の周りには木々が茂り、チャイハネと呼ばれる青空喫茶で人々が集い、時には池で洗濯をして、キャラバンのラクダが水を飲んでいたのだろう。でも不衛生で疫病が流行り、200あったハウズは今では6個に。そのため池に虫や蛙がいなくなり、それを餌にしていたコウノトリが姿を消した。かわいい「チョル・ミナル(4本のミナレット)」はメドレセの門番小屋としてトルクメニスタン人の大富豪が建てたそうだが、その天辺に昔は大きなコウノトリの巣があった。今では名残りの?コウノトリと巣のレプリカが飾られている。
右の絵の「イスマイール・サーマニー廟」は中央アジア最古のイスラム建築として世界中の考古学者や建築家に注目されているそうだ。積み上げられた煉瓦だけの9メートル四方の地味な廟だが、その煉瓦の組み方がとっても凝っていて、箱根の寄せ木細工を思わせる。日差しの当たり方で凹凸のシルエットが美しく変化し、手前のハウズに写る姿が自慢だという。ここでも池の水がキーワード。簡単にオアシス…って言葉を使ってしまうけど、本当に本当に「水」が大切なのだろう。

 

 
 
 

サマルカンドで2泊した後、スペイン製の新幹線で1時間40分、ブハラ歴史地区丸ごと世界遺産のシルクロードの面影残すまち「ブハラ」に到着した。朝の空気はひんやり爽やか、でも昼間の日差しは強く、思わず木陰を探してしまう。ここでは観光の合間に、お買い物の自由時間が結構あった。ホテルの位置も素晴らしく町の中心部で、タキと呼ばれるバザールにも隣接していた。
とっても楽しみにしていた町だ。それというのもブハラは手工芸の町として知られ、特にスザニと呼ばれる手刺繍は、昔から独特な色や模様で娘の嫁入り道具として歴史のある伝統工芸として知られているのだ。春先に東京でのこのウズベキスタンのスザニについての勉強会に参加したりして、本場で見ることを楽しみにしていたひとつなのだ。 大好きな柘榴の模様がここでも特に吉祥な模様として私を誘惑して来る。バザールは昔ラクダやロバに山積みにした品々を東西の商人たちが荷を下ろし、交換したり、商ったり…天井の高い小さなドームがいくつも重なり合ったような独特な形をした市場で雰囲気を盛り上げる。少し高台からその建物を見ると、まるでたこ焼きの鉄板を裏返したような、ぼこぼこ丸いユニークな形をしている。
そんなバザールで一目惚れしたスザニの小さなバックを買った! とっても手が込んだものだ。意外に高くて悩んだけれど誰かが言った。「物欲があるって若い証拠よ、断捨離して終活終活!っていう連中ばかりで…嫌になっちゃう! それは年寄りってことよね!」おほほほ! そうよそうよ!(今回のこのツアーで私が最年少!)
ついでに一目惚れした陶器の菓子入れと小皿も。手荷物で抱きかかえて帰ってきた。ぽってりといい味わい、お土産物の器たちとは一線を画すように思えた。眺めているとお店のお兄さんが近くにギャラリーがあるからと奥まった薄暗い倉庫のようなところに案内された。一人だったら躊躇われたけど二人でついて行ってしまった。そこはギャラリーというより工房と倉庫を兼ねたような所でキャ〜〜と思わず叫ぶほど一杯の器たちが所狭しと積まれていた。一目惚れしたその菓子入れと同じ手によるものと思われる皿などをチョイスしてモーニングプライスぷり〜〜ず!としっかり値切った。朝一番のお客は縁起物だから、ね。おじさんはしきりに器の裏のサインを示して渋ったけれど2割以上安くしてもらった。帰国して調べたらブハラの近く、ギジュドゥヴァンと呼ばれる地域の陶器の博物館も持っているような著名な作家物だったようで…値切ってごめんちゃい! これだから旅の一目惚れはたまらない!

 

 
 
 

あまり知られていないが、イスラム建築の世界における中央アジアは14世紀から15世紀、質と量で圧倒的な輝きを放っていたと言われる。イスラム化が進んだ7世紀〜モスクや霊廟、宮殿やキャラバンサライ(隊商宿)など、用途に合わせた栄華を反映した建築物が多くつくられたが、チンギス・ハーンによって中央アジアは徹底的に破壊された。特にサマルカンドは町の人口の4分の3が殺され、アフラシャブの丘は無人の荒れ地と化した。その後、大帝国の覇者ティムールが台頭し、町は見事に蘇った。彼が手掛けた建築物は素晴らしく、今多くの観光客を魅了している。
今回特に楽しみにしていたのが、そのアフラシャブの丘の傾斜に残る「シャーヒズインダ廟群」ティムールゆかりの人々が眠る霊廟群で中央アジアでも屈指の名所と言われている。その霊廟を飾るタイルが素晴らしいのだ。タイル好きにはたまらない! 釉薬が掛けられているものは色を失わず、今も当時の色を伝える。釉薬浮き彫りになったテラコッタや絵を描いたマヨルカ焼き、そして気が遠くなるほどのモザイク。霊廟の入口はもちろんの事、天井もぎっしりと工夫を凝らしたタイルに覆われている。模様はイスラム装飾特有の文字模様、幾何学模様、植物模様の3種が主で、特に蔓草模様はいわゆる「アラベスク模様」、エンドレスな連続性がイスラムの楽園思想に繋がっていると言われている。そんなため息しか出ないようなタイル、タイル、タイル! 凄すぎるのだ。
6月と7月のワークショップの詳細をWhat's Newにアップしました。ウズベキスタンで浴びたサマルカンドブルーを、大いに生かしたいと思っています。一緒に楽しみませんか?
次回の絵手紙コラムはサマルカンドからブハラの街に移動します。

 

 
 
 

まずは、ウズベキスタンの基本情報を少し。中央アジアの2重内陸国(海に出るために少なくとも2つの国境を越えなくてはならない国、現在世界でリヒテンシュタインとウズベキスタンのみ)シルクロードの交差点…その言葉だけで漠然と白い布をまとい、ラクダとともに歩く姿を思い描く。1991年旧ソビエト連邦から独立。面積は日本の1. 2倍、国土の大半はキジルクム砂漠に覆われている、金や天然ガスに恵まれているそうだ。人口は3300万人、国民の6割は若者で、男は28歳女は25歳くらいまでにほぼ100%結婚して(7割くらいはお見合い、紹介結婚だそうで…)5人くらい子どもがいるのが普通だそうだ。(通訳兼ガイドのドニさん談)
何だか若々しい国で…ちょっと眩しい。物流の交差点ということは人種も入り乱れていて、ロシアっぽい色白美人もいれば、アラビアンな雰囲気のお兄さんも。親しみやすいモンゴル、中華系、そして日本人にもそっくりな顔立ちのおじさんやおばさん、気軽に話しかけてくる。とても日本人に友好的でやたらと一緒に写真を撮りたがるのだ…不思議。日本語を習っているという若者もとても多い。特別友好的な理由は最後に述べることにしよう。公用語はウズベク語、ロシア語、観光地では英語も通じる。通貨はスム。30USドルを両替すると札束になって帰ってきた。このご時世クレジットカード決済は絨毯屋しか使えないなんて! 流石、シルクロードの商い、現金主義なのね!と妙に納得。
絵手紙の方はサマルカンドで頂いた食事の一部を描きました。全体に食べやすく、日本人の口に合う、マンティという中央アジア風餃子…というより、味はシュウマイ。辛子ではなくサワークリームが添えられていた。(ツアー添乗員さんはすかさず、醤油とポン酢をもってテーブルを回っていた。)ラグマンといううどんは、野菜たっぷりの薄めのミネストローネスープの中に刀削麺という感じ。必ずサラダも登場するが真っ赤なビーツが印象的。ゆる〜いイスラム圏ということでビールやワインもOKで、アルコールを飲まない私はもっぱら、柘榴ジュースやさくらんぼジュースで乾杯だ。

 

 
 
 

ウズベキスタンの首都タシケントには週に2便ほど直行便が就航しているが、今回は日本の旅行社4社で共同チャーターしたサマルカンドへの直行便が魅力的と感じ、珍しく友人と中部国際空港セントレアからのツアーに参加した。
日本から9時間ほど、天山山脈などを眺めながら初めての中央アジアの国ウズベキスタンに降り立った。数年前から興味を持って色々調べていた。イスラム建築のすっごいものがたくさん残っていて、刺繍や民族衣装的なテキスタイル系の魅力あるものの宝庫で、まだあまり知られていない秘めたる謎の国…として。2年前にビザが不要になり観光客の誘致に国を挙げて頑張っている様子が漏れ伝わってきていたのだ。足の便がまだ不確かでフリーで訪れるのはまだ無理かな〜と思い、いろんな旅行社のツアーを見比べ「今」面白そう!と実行。想像以上に発見いっぱいな楽しい旅になった。
さてさて、いきなりのかわいそうな雨だが、夕刻には上がりうっすら日が差してきた。ウズベキスタン観光省主催の歓迎プログラム「サマルカンドの夕べ」と題した踊りや民俗楽器の演奏、民俗的なお芝居が広場の神学校のお庭で、そして日没後これらの大きな建物に映し出される幻想的な「音と光のショー」。盛大な歓迎を受けることとなった。

 

 
 

嘘でしょう〜! 真っ青な空にターコイズブルーの半球体のタイルの屋根がピカっと光って、大きな3つの神学校に囲まれたサマルカンドのシンボル、レギスタン広場の真ん中に立ち尽くす自分を、すっかり思い描いていた。しかしあまりにも残念な雨! 典型的な大陸性気候で夏はとっても暑く、冬は寒い。乾燥していて4月の降水量は東京の半分、そんな中央アジアのウズベキスタンを8日間旅して、平成の最終日に無事に帰国しました。
ウズベキスタンに行くと言ったら、大体の人がそれどこ?なんで?何があるの?と聞く。そして何とか〜スタン…ってところは危なくないの?…と。スリランカでも大きなテロがあったばかりで、本当に安全なところなど世界中どこにもないのだろう。絶対大丈夫なんて言えないけれど、帰国してみて私が体験した限りでは、今まで行った国の中で一番穏やかで安全そうで友好的な素敵なところでした。
そんなウズベキスタン旅行のお土産話にしばしお付き合いください。

 

 
 
 

[バックナンバー]

2019年
1月[年賀状][冬眠][浜名湖の鰻][トライバルラグ]
2月[古民家イタリアン][冬の夜長][三寒四温][能楽堂]
3月[吊るしびな][みかん色][花粉症][終止符] [平成]
4月[令和][久しぶり][ノートルダム大聖堂]

2018年
1月[おみくじ][準備中][壁画の壁画][一生懸命]
2月[まぼろし][春が来る前に][テレビ観戦][氷上の花から]
3月[イタリアお土産話1・ボローニャのオプティコ][イタリアお土産話2・ボロネーゼ]
■3月[イタリアお土産話3・フェッラーラの城][イタリアお土産話4・ヴォルテ通り]
■3月[イタリアお土産話5・ラヴェンナの白い鳩][イタリアお土産話6・サンマリノ再び…]
4月[イタリアお土産話7・眺めのいいテラス][イタリアお土産話8・アンギアーリ]
■3月[イタリアお土産話9・サンセボルクロ][イタリアお土産話10・特別なモノ]
■3月[イタリアお土産話11・Grazie][イタリアお土産話12・アルノ川]
■3月[丘の上の…]
5月[サヤエンドウ][醸す] [紫色の季節][利根運河]
6月[KAMOSHIDASU][コラボレーション] [頑張れ〜!][ガラスの器] [紙二重]
7月[ダリア][ハリセンボン] [建築][新しいスタイル]
8月[フィレンツェ茄子][出稿] [夏よ!][応援団長?]
9月[雷雨][自然災害] [あと、ひと月][試されて] [待ったなし!]

10月[老い][怒濤のような…] [東京ナチュラル][富岡製糸場]

11月[美味しい秋][個性の競演] [寒さに負けず][秋から冬へ]

12月[横須賀][多忙] [手帖][老いと共存]


2017年
1月[酉年][新しいごちそう][ニセモノ][毛糸玉]
2月[福和内][マトリョーシカ][すみだ北斎美術館][目の保養?]
3月[三寒四温][3.11][遠足][道草]
4月[危険と不運][ルッコラの花][色あふれて][なぞり描き] [緑がいっぱい]
5月[五月晴れ][刺激的][判決][縁あって鳥獣戯画]
6月[もうすぐ梅雨][アーティーチョーク][ランチミーティング][思い出を刻む]
7月[クリエイターEXPO][文月の食卓][暑い!][外も中も燃ゆ]
8月[旅1・あおもり犬][旅2・立佞武多][旅3・レオナール・フジタの大壁画]
■7月[花火] [おにぎり] [ルビーロマン]
9月[秋の始まり][MINORI NO 秋][ムール貝] [銀座伊東屋にて][実り]
10月[秋、深まりて…][中華菓子][灯環の時間] [朱の聲]
11月[懐かしい場所][足利遠足][朱色の灯] [Welcome]
12月[YouTube][可能性][カレーなる忘年会] [走る師走]

2016年
1月[2015][新しい芽][パワースポット][言葉]
2月[メンテナンス][春の陣][ようこそ春][お雛様]
3月[ワークショップ][多肉植物][年度末][花冷え]
4月[時間・空間・五感][葉桜の頃][薫風を招いて]
■7月[銀座ファッション] [終わって、またスタート!]
5月[早起き][吸収][江戸風流体験][サミットと…]
6月[紫たまねぎ][あじさいの季節][植木鉢][果物の世界]
7月[ワークショップ夏の回][趣味][夏休み][台湾お土産話1・雨宿り]
■7月[台湾お土産話2・彩虹村] [台湾お土産話3・台湾的涼菓]
8月[台湾お土産話4・蓮][台湾お土産話5・九份]
■7月[台湾お土産話6・夜市と朝市][台湾お土産話7・枠景]
■7月[夏の京都][流石の京都!]
9月[早くも9月][雲][葡萄][秋雨]
10月[ワークショップ秋の回][解き放たれて][今しばらく…][発表会][ Pears ]
11月[いよいよ][La Dolce Vita][時は待ってくれない][11月の雪]
12月[富士山][少数派?][ラスコー展][年賀状]

2015年
1月[謹賀新味][冬眠中?][あれから][タイから][冬の遠足]
2月[Puntarelle][チョコレート][ふきのとう][浅春]
3月[不揃いな記憶][書][彼岸桜][SAKURAツアー]
4月[壁紙][なごり桜][次の予定][つつじ祭り]
5月[ご縁][薔薇時間準備中][経過報告][鳥獣戯画] [コラボレーションn]
6月[土壁に映えて][水色の季節][雨の匂い]
7月[イタリアお土産話1・チャオ!][イタリアお土産話2・ヴェッキオ宮]
■7月[イタリアお土産話3・見知らぬ駅][イタリアお土産話4・生ハム]
■7月[イタリアお土産話5・朝霧][イタリアお土産話6・油断大敵]
■7月[イタリアお土産話7・アペリティーボ][イタリアお土産話8・ミラノ万博]
■7月[イタリアお土産話9・イマノ ミラノ]
8月[暑気払い][目利き] [妖怪の仕業?][秋の足音]
9月[オリジナル][大雨] [和栗のモンブラン][それから]
10月[神無月][渋谷公会堂] [コスモスを描く][お茶の花] [HOTEL NEW GRAND]
11月[ストック][帽子小屋] [パリに祈りを][パネトーネ]
12月[アート週間][運勢] [今年のうちに…][暮れゆく…]

2014年
1月[2014年][球根][つぼみ][CHE BELLO!]
2月[新幹線][5年目の春][氷上のドラマ][北鎌倉]
3月[寒ぼたん][高く高く][ムクムク][増税前][スカーフ]
4月[散り急ぐ桜][新人][母の旅行][苔玉盆栽]
5月[柏餅][サラダな毎日][楽しい我まま][蔵の風][外来種]
6月[未知なる…][モロッコお土産話1・青い町シェフシャウエン]
■5月[モロッコお土産話2・モロッコ料理][モロッコお土産話3・基本データ]
■5月[モロッコお土産話4・ヴォルビリス遺跡]
7月[モロッコお土産話5・リヤド][モロッコお土産話6・ミントティー]
■7月[モロッコお土産話7・亜麻色のFez][モロッコお土産話8・日沈む町]
■7月[モロッコお土産話9・木登りヤギ][モロッコお土産話10・マラケシュピンク]
■7月[モロッコお土産話11・白いCafeカサブランカ]
8月[マルシェBag][Colors] [青いトマト][衣装展][爆走中]
9月[築地市場][夏の締めくくり] [継続][デザイン]
10月[少女漫画][実りの…] [次に進もう]
11月[泣きっ面に蜂][旅のか・け・ら] [モダン絵てがみ]
■11
[いろいろありがとう!] [握りずし]
12月[師走の庭][Lucca] [イルミネーション] [本質]

2013年
1月[年賀状][イラストレーション][東京駅][珈琲]
2月[美しい苺][見る][沖縄懐石][耳に残る音楽]
3月[3月の風][花粉症][春のお茶][柿落とし]
4月[スカイツリー][八重桜][朝ご飯][ゴールデンウィーク]
5月[過ぎたるは…][緑の季節][働くカエル][優雅な生活]
6月[6月][蔵][雨音][枇杷] [テレビCM]
7月[炭酸水][炎暑][フルーツポンチ][夏色ざっか]
8月[感激ポーチ][アジアンスイーツ][出稼ぎ][芸術の夏][残暑祓い]
9月[墨][風と共に][お月さま][収穫]
10月[Ottobre][小布施][次の事]
11月[パリお土産話1・タルトタタン][パリお土産話2・オペラ座]
■11月
[パリお土産話3・プロヴァン][パリお土産話4・サンジェルマン・デ・プレの事件簿]
■11月
[パリお土産話5・ノートルダム大聖堂][パリお土産話6・オルセー美術館]
■11月
[パリお土産話7・DOHA][旅のボリューム]
12月[ポインセチア][お気に入りの店] [歯][欲]

2012年
1月[仕事初め][もうひと口][龍詣で][一緒に過ごす]
2月[学校に行こう][日だまり][ティラミス][初めてのリュック]
3月[イタリア便り・1 “赤と黒の番地”][イタリア便り・2 “3月8日の雲”]
■3月[イタリア便り・3 “Buon appetito!”][イタリア便り・4 “工房探訪”]
■3月[イタリア便り・5 “Studiare!”][イタリア便り・6 “Fiorentinaファッション”]
■3月[イタリア便り・7 “Piccolo”][イタリア便り・8 “日常”]
4月[イタリア便り・9 “次の暮らし”][イタリア便り・10 “約束の地”]
■4月[イタリア便り・11 “Gelateria”][イタリア便り・12 “PASQUA”]
■4月[イタリア便り・13 “白昼夢・MATERA”][イタリア便り・14 “眺めのいい部屋”]
■4月[イタリア便り・15 “色のある白・OSTUNI”]
■4月[イタリア便り・16 “可愛すぎるAlberobello”][イタリア便り・19 “お料理教室”]
■4月[イタリア便り・20 “もう一つのVenezia”] [イタリア便り・21 “旅の仲間”]
■4月[イタリア便り・22 “Arrivederci Firenze”]
5月[旅の記憶・1 “URBINOの桜”] [旅の記憶・2 “チャラおやじ”]
■5月[旅の記憶・3 “お土産話”] [旅の記憶・4 “パン対決”]
6月[花山椒] [梅雨入り] [ラタトゥーユ] [どしゃ降り][振袖さん]
7月[パンダ] [ノウゼンカズラ][葛桜][ロンドン]
8月[意地と維持] [石鹸] [梨] [野菜がいっぱい]
9月[ぎっくり] [VISION] [サルスベリ] [ポルチーニ茸] [水彩画]
10月[ピンクリボン] [代官山] [金木犀] [蔵カフェ+ギャラリー]
11月[ホトトギス] [展覧会] [城ヶ崎海岸] [杜の湯]
12月[カレンダー][フィレンツェの素敵] [Grazie] [Buon Natale] [今年も終わり]

2011年
1月
[千両・万両][着物][大阪のおでん][節分]
2月[三回忌][大人ディズニー][薔薇を描く][のど飴]
3月[春財布][激震][祈り][少し遅い春]
4月[伊東屋][自分へのご褒美][春の日ふたたび][ランチのテーマ][牛島の藤]
5月[お気に入りのカップ] [燕子花] [ショッピングモール] [グルメ週間]
6月[紅花] [あじさい寺] [イスタンブール追想] [お家デザート]
7月[TOUCH WOOD] [ゴーヤの花] [夏の入り口][今週][涼を食す]

8月
[夏休みの宿題] [白桃] [金魚BAR][アルザス料理]
9月 [台風の週末][G.S I LOVE YOU][銀閣寺][おはぎ]

10月 [柘榴伝説][装丁展][千日紅][秋の旅その1・下呂温泉]
[秋の旅その2・飛騨高山]
■10月 [秋の旅その3・朝市][秋の旅その4・飛騨牛]
[秋の旅その5・新穂高]

11月 [軽井沢][白菊の誓い][メトロポリタン][韓流ゴハン・チヂミ]
12月 [得たもの失くしたもの][色っぽいドルチェ][侘助][ル・レクチェ]

2010年
1月
[厳寒の候][想像力][ヒヤシンス][春かすみのよう…]
2月[一口の誘惑][バンクーバーオリンピック][春便り][銀メダル]
3月[はる*咲き][国宝に挑戦][新・センセイの鞄][スイーツ]
4月[新芽][穴場で花見][カタログギフト][万博]
5月[ひなげし][蛙と団扇と手ぬぐい][風と日差し][カエル営業] [トマトの味噌汁]
6月[展覧会][東京スカイツリー][楽しかった蛙日和] [W杯2010]
7月[梅雨の晴れ間] [スモモ] [蓮っ葉] [暑い!暑すぎる!] [揚琴]
8月[この夏のテーマ][灯籠流し][恐竜展][野菜協奏曲]
9月[鶏頭][天然石][シャガール][秋のおやつ]
10月[憂鬱][ソウルお土産話・1][ソウルお土産話・2][ソウルお土産話・3]
■10月[ソウルお土産話・4][紙事情] [古本まつり]
11月[三菱一号館美術館][横浜][隠れ湯][柚子]
12月[師走の街角][美味しい前菜][寒い夜][ゆく年来る年]

2009年
1月
[春の寄せ植え][苺][波除神社][優しい花][整体]
2月[お漬物][春一番][眺めのいい部屋][桃と桜]
3月[春を待つ雨][衝動買い][白っぽい本][四十九日]
4月[ど根性桜][満月][ポテトサラダ][緑の風]
5月[新緑の京都][京都甘味三昧]
■5月[チェコお土産話・1][チェコお土産話・2][チェコお土産話・3][チェコお土産話・4]
6月[チェコお土産話・5][チェコお土産話・6][貧乏暇なし][コールラビ][価値観]
7月[小夏日和][新盆][誕生日][すいか]
8月[インド更紗][UFOズッキーニ][夏休み][美味しい東京][次の季節]
9月[夏と秋の間][淋しいね][興禅院の彼岸花][シルバーウィーク]
10月[雨の箱根][引っ越し][デジタル化]
11月[特別な鞄][京の庭・光明院][京の庭・天授庵][旬の甘味]
12月
[北欧か!][バカラ・バー][大安吉日][夕焼け富士]

2008年
1月
[ねずみ年][美意延年][変らない気持ち][超新星たちの刺激]
2月[ごちそうさま][小石川後楽園][額縁][チューリップ]
3月[雛人形][シンガポールお土産話・1][シンガポールお土産話・2]
■3月[シンガポールお土産話・3][シンガポールお土産話・4][蛙日和][満開]
4月[草花][肩こり][出世不動尊] [気合いだー!]
5月[蛙の夢][新潟イタリアン][野の花のように] [増殖中]
6月[花菖蒲][着飾ったお寿司][浴衣] [赤]
7月[素朴なおかず][荷物][桃] [窓越しの海]
8月[のり巻き][北京オリンピック][日傘] [夏の終わり] [築地散歩]
9月[竜胆][夕焼け][運動会][芋ようかん]
10月
[秋晴れ][コスモス畑][スープ][収穫]
11月
[向寒][アメリカ][晩のおかず][カラーセラピー][あの道この時]
12月
[続ける力][華やぐ街][カリフラワー][光の温かさ]

2007年
1月
[南天][女友達][土曜の午後][春の予感]
2月[コリアンタウン][チョコレートの値段][あかり][ 国立新美術館]
3月[菜の花][おでん][古布裂][木蓮][夜桜と金目鯛]
4月[盆栽][上海パワー][ドーナッツ][観劇]
5月[砂曼陀羅][躑躅][美しい料理][同窓会]
6月[ホワイトアスパラガス][紫陽花][ガラスの器][のんびり、雨][我が家の応援団]
7月[七夕の誓い][個展終了!][取材旅行]
8月[あの頃を思い出す歌][アンスリウム][ペットボトル][季節の果物]
9月[秋はどんな色?][くらげ。ぷかぷか][秋の入口][かえる秋祭り]
■9月[ホーチミンお土産話・1]
10月[ホーチミンお土産話・2][ホーチミンお土産話・3][ホーチミンお土産話・4]
■10月[ダリア][ハロウィーン]
11月
文房四宝][京都で会いましょう][光悦寺][小さな虫
12月
牡蠣][飛べない鳥][シクラメン][花梨][年の瀬

2006年
1月
[春の七草][アンティーク][雪][ ピッツァ・マルゲリータ]
2月
[お香を聞く][ショコラ・テ][トリノオリンピック][ 夢キラキラ]
3月
[楽しいピンチョス][みつまたの花][色で遊ぼう][アルストロメリア]
4月
[東京大学総合研究博物館][花吹雪][推薦トイレ][白い食器] [忘れな草]
5月[流行][母の日][野菜][友人の死]
6月[滝見の湯][古いものの味わい][クインシーメロン]
7月[ドイツ贔屓][ご近所のアイドル][ほおずき市][智美術館にて][旅支度]
8月[絵手紙][アイスコーヒー珍道中][夏の忘れもの][百日草]
9月[秋をどう過ごす?][冥王星][ハシビロコウ][落花生][小さなバッグ]
10月[肉まん・あんまん][深川][コスモス][西荻窪]
11月[根津神社][石蕗][一杯のココア][インテリアトレンド]
12月[チーズ・バー][アームウォーマー]
■12月[ナポリお土産話・1][ナポリお土産話・2]
■12月[ナポリお土産話・3][ナポリお土産話・4]

2005年
1月
[願い事だらけの謹賀新年][
色白豆乳鍋][春待ち水仙][都会の湯けむり][大福]   
2月
[キッチンは夢色?][青山物語][湯島天神][お茶の時間]
3月
[残雪の軽井沢][春キャベツ][自己主張の楽しさ][風ちゃん伝説]
4月
[桜色][春らんまん][今時のオフィス][食欲3原色][陶器市の収穫]
5月
[藤色の扇子][大事な事][歴史を刻んだディテール][小さな畑]
6月
[銀座][旬果実][枝豆]
7月
[かえる友の会][からすうりの花][鮎の塩焼き][新しい携帯電話][台湾土産話・1]
8月
[台湾土産話・2][台湾土産話・3][いちじく][台風]
9月
[東京ベイ][甘い誘惑][グラムロックな夜][彼岸花]
10月
[祝!優勝!][柿色][インド料理の魔力][フリーマーケット][築地の粋な香り]
11月
[ラ・フランス][東京らしい情景][山茶花][季節限定]
12月
[師走][ちょっと日本橋][温かいという幸せ][メリークリスマス][晦日]

 

 
▲TOP
  ●HOME