■2018年9月の「絵てがみコラム」
 

西から大型台風が忍び寄ってくる直前に、ちょっと用事とちょっと取材と、ちょっとパワーチャージ?の北の旅に出ていました。刺激的なものを見て、美味しいものを食べて…八角なる深海魚も初めて食べました。なかなか行くことのない地図の先っちょの方とか…人生まだまだ知らないことだらけなんだな〜って思ったり。
さてさて、のんびり温泉につかってる場合じゃない! 台風の影響で、遅れて到着した飛行機を降りたとたん、さあ!現実! 個展のDMの宛名書き(ごめんなさい! まだ予定の4分の1も発送できていないのです〜)、出来あがった作品の額装出し。でもまだ出来上がっていないのもあるぅ〜〜! 本気でお尻に火がついています! 待ったなしで頑張らねばなのだ!
そうだ! その個展の前に10月6日全国の書店やamazon等で発売になります。「よくわかるモダン絵てがみ」(日本ヴォーグ社刊)今回も前作以上に、盛りだくさんな内容になっていると思います。ちょっとした画集的な要素もあって、絵を描く人以外にも、見て楽しんでもらえるものになっていればよいな〜と思っています。この絵手紙コラムに登場した内容とリンクしたものも登場しています。個展会期中はギャラリーでも販売いたします。お近くの書店になかったら、ぜひお取り寄せを〜!
9月が終わりますね。この台風が通り過ぎたら、素敵な秋が待っているかな?

 

 
 
 

まだ秋の入口と思っていたら、昨日は冷たい雨…。早く衣替えしなくっちゃ!と思える一日だった。でもまだこんなに紅葉は進んでいないけどね。
モダン絵てがみや水彩はがき絵の講座ではちょっぴり季節を先取りして描いていく。来月のカレンダーを自分自身の絵で…という設定や、授業で描いたものをそのあと少し練習して丁度タイムリーな時にお便りが出せるように…と考えて毎月講座のモチーフを考えている。なので次はそろそろこんな秋色グラデーションを描こうかな?と先生はちょっと予習しているという訳です^^
毎年のことですが、9月〜11月は展覧会や知人の個展などが多く、毎日のようにDMが届く。(そのたびに…ああ!早く自分も宛名書きをせねば!とめっちゃ焦る!)忙しい時に限っていろんなことが重なり、銀座で展覧会を3つはしごして、お彼岸の墓参りを済ませて、病気の義姉の見舞い…コピーのメンテナンスが来て、仕事のイラストの修正、そして今日は背中が痛くて接骨マッサージに行って…とほほ!
だけど、菩提寺のご住職がありがたいお言葉を。「時間があれば良いということではない。時間がない時こそ試される集中力。ますます鍛えられているんじゃないですか?」試され続けているような気もしますが…。あれもこれももうひと踏ん張り!

 

 
 
 

ぐっと涼しくなって、半袖のTシャツではちょっと肌寒く感じるようになってきた。
葉っぱの付いたままの枝豆が描きたいからと、母に初めて枝豆を家庭菜園で育てるリクエストをした。もうとっくに豊作の知らせを受けてはいたけど、タイミングが悪くやっと先日畑に残していた最後の1株をもらい受けてきた。葉っぱはもう半分茶色く豆も少々硬くなっているものの、さやの先は固くとがってやっぱり新鮮! 早く描いて食べなくっちゃ!
さて、個展までちょうど1か月。今回のテーマは「東京ナチュラル」。何となく思いついた言葉で、自然体の東京?…う〜ん、よく知っているようで、あまり分かっていない東京かもしれないけど…私が描きたい東京かな? そういう、東京への自然な気持ち?かな? それから、春まだ浅い3月に訪れたイタリア旅行を小さく切り取った作品群。10月6日発売予定の新著書「透明水彩絵の具&墨を使ってよくわかるモダン絵てがみ」の原画も展示予定。そんな盛りだくさんな個展になる予定です。
ただ今DMを印刷中、随時発送予定ですが、いつも手書きの宛名書き。遅くなっちゃうんですよね〜申し訳ない! 10月15日〜21日(最終日の日曜日は夕方4時終了)歌舞伎座の近く、銀座煉瓦画廊で4回目の開催になります。ぜひ御来廊の予定を入れておいていただけると嬉しいです。詳しくはWhat's Newをご覧ください。
さて、枝豆つまみながらもうひと踏ん張り!

 

 
 
 

この1週間の間に、またあちこちでの自然の猛威。関西を直撃した台風21号。大阪の町中を舞う看板や屋根のトタン、流される車。よくあるテレビ局のアナウンサーが風にあおられながら、海岸線から中継する様子より、遥かにリアルに恐ろしい。関西には親戚、知人や友人も多いので心配したが、すぐにメールで安否確認するのはためらわれた。しばらくして関東も通過したころメールしたけれど、「まだ、5時間停電中! 冷蔵庫のモン、アウトや! スマホ充電切れるからまたね!」そ〜か…まだ、緊迫した様子だった。泉南近辺の知人も、庭がぐちゃぐちゃだと。関空で足止めを食って途方に暮れる人たちも、我がことのように気の毒に思う。関西はその前の、岡山や広島を襲った暴風雨に続いての台風被害。心身ともに、ぼろぼろだよね…。
そこに、北海道を襲った震度7の地震! 耐え忍ぶのが得意な?日本人でも、簡単に前向きに頑張ろう!…なんて言えない。ため息しか出ない。今回何も被害のなかった自分たちも、明日はわからない。出来る限り、自分の事のように考えて痛みがわかる柔らかい気持ちでいよう…そんな風にしか考えられない、無力な自分に腹が立つのだけれど…。

 

 
 
 

8月最後の夜は雷雨だった。夕方から雲が重く立ち込めて…でもなかなか降らない。先日もすぐ隣り町は大雨なのに、ここら辺は3粒ほど…というくらいの局地的な雨で、湿気ばかりの日が続いていた。やっと雨だ。部屋の観葉植物をベランダに出して雨を当ててあげたい! ベランダに並べたけれど、雷鳴とともに降ったのは15分程度だったのでは…きっと植木鉢の上の方だけ濡らしただけだろう。ニュースで見る豪雨被害の所の人には叱られそうだけど、連日の残暑でアツアツの地面を、冷やす効果は期待できない一瞬の雷雨だった。
そんな8月が終わった。9月のスタート、来月の個展も迫って、DMの準備も始まる…もう待ったなしだ! 晩秋の個展の際には来年のカレンダーを制作して販売することを実践してきたけれど、今回はちょっと無理そう…(楽しみにしていてくださった方、ごめんなさい!)新著書の準備にちょっと手がかかってしまったみたい。12か月分の作品をまとめる時間が無さそう。…いきなりいいわけで情けないですけど〜、カレンダーは来年2020年のカレンダー制作を目指そう〜!…と当面気にかかっていたことを一応先送りする事に決め、目の前の個展の作品に集中するのだ! 集中〜〜〜!!! もう9月だぞ〜〜〜!!!
ちなみに東銀座の「銀座煉瓦画廊」での個展は10月15日〜21日です。手帖にメモして…いやスマホか!?スケジュールに入れておいてくださいね。

 

 
 
 

 <<<8月

10>>> 

 
▲TOP
■COLUMN ●HOME